目について

診療情報管理士

今回は、目の構造についてです。
本当は脳を先にしたかったのですが、難しくて諦めました。

この記事は診療情報管理士のテキストを中心に学んだことを自分なりに噛み砕いて記載しているので、間違いや不備等があるかもしれません。ご了承ください。
スポンサーリンク

目の構造について

目は外界からの光を受容し、それを電気信号に置き換えて中枢神経に伝えます。
それが視覚情報となります。

【眼球の内部構造図】(なこあイメージ!)

まず、眼球は

  • 眼球外膜角膜強膜
  • 眼球中膜虹彩、毛様体、脈絡膜
  • 眼球内膜:色素上皮、網膜
  • 水晶体と硝子体

に大きく分かれるようです。
それぞれの役割は

  • 角膜 → 強膜の前方部分で光の透過に関与している
  • 強膜 → 眼球全体を取り囲み、眼球の形を作っている
  • 虹彩 → 水晶体の前にあり、光の調節、カメラの絞りの役割をする
  • 毛様体 → 水晶体を支え、収縮によって水晶体の厚さを変えて遠近の調整を行う
  • 水晶体 → カメラのレンズの役割をする
  • 硝子体 → ゼリーのような物質で眼球を満たしており、網膜の像の形成と栄養の供給を行っている
  • 網膜 → 神経細胞からなる膜で眼球内部の外側に色素上皮層が存在し、それに接して光を受容する視細胞が並んでいる。需要された光刺激は電気信号に変換され、総局細胞を通じて、神経節細胞(視神経細胞)に伝えられ、活動電位として中枢にいく

小さい頃は私もアレルギーなどで結膜炎をよく起こしていましたが、こうやって絵で書いてみると一番外側の膜なんだなって改めてわかりました。
目に関しては、こんな感じで把握してれば大丈夫ですかね。
ちなみに、虹彩、毛様体、脈絡膜を合わせてぶどう膜というようです。

今回の病名暗記


胎生第3週末~4週にかけて、球状の眼球が形成されはじめる。この形成が上手く行われないと無眼球症になる。仮に形成されても異常に小さいものは小眼球症という。両眼の眼胞が完全に融合したものを単眼症、部分的に融合したものを合眼症という。頭蓋奇形を合併するため、生存は困難である。

【第10回】耳について

コメント

タイトルとURLをコピーしました