ヒトの細胞(Cell)について

診療情報管理士
この記事は診療情報管理士のテキストを中心に学んだことを自分なりに噛み砕いて記載しているので、間違いや不備等があるかもしれません。ご了承ください。
今回は細胞について学んでいこうと思います。

スポンサーリンク

細胞(Cell)について

まず、細胞とは

  • ヒトの細胞は約60兆個ある
  • 脂質二重膜という膜で覆われている
  • 真ん中の核と細胞質に大きく分けられる

とのこと。なんとなく、生物の授業で習っているのでこれくらいは知っています。
その中で、核と細胞質の間には核膜があり、それで間を仕切っているようです。

そういえば、身体の中はくっついているように見えて大体は膜で分かれているってなんかで言ってた気がします。
鶏肉を切ってみても膜みたいなんがあるし、あれも筋膜かなんかかな?

さて、まずは核からいきます。

→ DNAを保持している。
染色体があり、(22対の常染色体と1対の性染色体)DNAは4種類のヌクレオチドの組み合わせで二重らせん構造をとり、ヒストンと合体して染色体を作る。これがmRNAに転写される。

DNA(遺伝情報)…つまり核の中身は一人の人間を作るすべてのゲノムを持っているらしい。
これはすごいですね。だから髪の毛1本とかからDNA(核酸)情報を読み取れたりするんですね。納得です。

細胞質

細胞質 → 遺伝情報をもとに細胞機能を作っている。
細胞質自体の周りには細胞膜という脂質二重膜で覆われているみたいです。
ここは完全に他の細胞と分離しているわけではなく、いろんなもの(化学物質など)の通り道として解放されたりするらしいです。
細胞質の中身には

  • ミトコンドリア → 細胞のエネルギー工場。独自のDNAを持っており、全て母親由来である。
  • 小胞体 →  小腔。リボソームがついていることがある。
  • リボソーム → 小胞体にくっついている。タンパク質の合成が行われる。
  • ゴルジ装置 → できあがったタンパク質に糖鎖を付加する。

などがあるみたいです。
ミトコンドリアはお母さんの遺伝子なんですね。男の存在価値…(笑)

今回の病名暗記

記事の最後に毎回病名を1つ上げたいと思います。
今回は前回の記事でちょろっと出た「無脳症」についてです。
これも自分なりに噛み砕いて書きますのであまり参考にならなかったらすいません。


無脳症とは頭の一部が欠損している先天奇形の一種。脳幹と中脳はあるため胎児の頃は生きているが、生後すぐに亡くなるため治療の対象にはならない。1/2000の確率で発生し、男女比は1:2。

【第4回】組織(Tissue)について(前編)

コメント

タイトルとURLをコピーしました