頭蓋骨と顔面骨について

診療情報管理士
この記事は診療情報管理士のテキストを中心に学んだことを自分なりに噛み砕いて記載しているので、間違いや不備等があるかもしれません。ご了承ください。

今回は、頭と顔の骨についてです。

スポンサーリンク

頭蓋骨について

頭蓋骨は、頭蓋冠と頭蓋底からなります。

頭蓋冠

まず頭の上部は大きく分けて、4つの骨(前頭骨頭頂骨側頭骨後頭骨)に分けられており(頭蓋冠)と呼ばれ、縫合されております。
縫合にはそれぞれ名前がついており

  • 冠状縫合 → 前頭骨と頭頂骨を縫合
  • 矢状縫合 → 頭頂骨を縦に縫合
  • ラムダ縫合 → 頭頂骨と後頭骨を縫合
  • 鱗状縫合 → 頭頂骨と側頭骨を縫合

となっているようです。
テキストに上から見た図がなかったので私のイメージです。(下手くそ注意!)

【頭の上から見た頭蓋冠の図(なこあイメージ)】

出生直後の新生児は縫合が不完全で頭蓋骨に隙間があり、これを泉門と言うようです。

頭蓋底

頭蓋底は蝶形骨篩骨などにより構成されます。
蝶形骨は頭蓋底のほぼ中心部にあり、上面にトルコ鞍があります。
組織編で出てきた下垂体がこの位置にあります。

顔面骨

顔面骨は、上顎骨頬骨口蓋骨下顎骨舌骨があります。

【横から見た図】
なんか絵のセンスが抜群に悪いですね(笑)
オトガイさんが出っ張ってますw
まぁ診療情報管理士は医療行為を行う訳ではないですし、イメージで覚えれればいいんです。多分…

テキストにはもっとたくさんの骨の名前が出てきたのですが、とりあえずこのへんは最低限抑えといた方が良さそうだったので記載してみました。

今回の病名暗記


大後頭孔を通って小脳扁桃と延髄が脊椎管内に舌状に突出下降し、脳幹部が引きつってしまうもの。呼吸障害、嚥下障害、頚定不全、麻痺などを起こす。

【第9回】目について

コメント

タイトルとURLをコピーしました