耳について

診療情報管理士

今回は、耳の構造についてです。

この記事は診療情報管理士のテキストを中心に学んだことを自分なりに噛み砕いて記載しているので、間違いや不備等があるかもしれません。ご了承ください。
スポンサーリンク

耳の構造について

耳は次の3つに大きく分けられるようです。

  • 外耳
  • 中耳
  • 内耳

【耳の内部構造図】(なこあイメージ!)

音の伝達の仕組み

まず音(空気の振るえ)が外耳で集音され、鼓膜で物理的な振るえに変わり、蝸牛のリンパ液の振動に変わり最終的に電気信号に変換されます。
流れとしては
外耳→外耳道鼓膜→小骨(ツチ骨キヌタ骨アブミ骨)→卵円窓→蝸牛コルチ器官
となっているようです。

平衡感覚について

平衡感覚は、視覚深部感覚の他に3本の半規管(三半規管)前庭によって保たれているようです。

耳についてはそこまで複雑ではなさそうですね。

今回の病名暗記


耳の発育不全。軟部組織が閉塞する場合と、骨部外耳道の閉塞を伴う場合はある。中耳内の顔面神経走行異常、耳小骨形成不全を合併することが多い。X線、CT検査で確認できる。

【第11回】呼吸器の構造と機能について

コメント

タイトルとURLをコピーしました