呼吸器の構造と機能について

診療情報管理士
この記事は診療情報管理士のテキストを中心に学んだことを自分なりに噛み砕いて記載しているので、間違いや不備等があるかもしれません。ご了承ください。
スポンサーリンク

呼吸器の構造と機能

呼吸は酸素を吸収し、二酸化炭素を排出することです。
私たちが無意識に…または意識的にする呼吸はこの肺呼吸であり、外呼吸と呼ぶようです。
対して組織・臓器で行われる呼吸を内呼吸と呼ぶようです。

とりあえず、いつもなんとなく意識している呼吸は外呼吸と覚えておきます。

外呼吸

では外呼吸についてもう少し詳しく勉強します。
外呼吸では口または鼻から入った空気が器官・気管支を通り、細気管支を経て肺に達し肺胞にいきます。
ここで酸素と二酸化炭素の交換が行われます。
このガス交換が行われる肺胞とそれに関連する組織の集まりを肺と言うようです。
肺は左右合わせて2つあり
右肺 → 上・中・下の3葉
左肺 → 上・下の2葉
に分かれ、さらにそこから10個ずつ(S1~10)に分かれます。
左に中葉がない理由は、この付近に心臓があり小さくなっているからだそうです。
ちなみにその部分を舌区と呼ぶらしいです。

呼吸運動について

呼吸運動は

  • 骨性部分(肋骨、肋軟骨、胸骨、胸椎)
  • 軟性部分(肋間筋、横隔膜)

によって行われ、呼吸をコントロールする中枢延髄にあります。

横隔膜について横隔膜は、胸腔と腹腔を隔てる膜状の筋で、横隔神経に支配されています。横隔膜の収縮と弛緩により呼吸運動が行われます。また、横隔膜に大動脈裂孔・食堂裂孔・大静脈孔があります。

吸気時 → 肋骨が上がり(挙上)、横隔膜が下がり(収縮)ます。
呼気時 → 肋骨が下がり(低下)、横隔膜が上がり(弛緩)ます。

今回の病名暗記


炎症や腫瘍による肺間質の破壊を原因とせず、肺内に異常空間を生じる疾患群の総称を肺嚢胞症と言う。嚢胞内に粘液が貯留するため感染を起こしやすい。外科的切除が一般的。

【第12回】循環器の構造と機能について(前編)

コメント

タイトルとURLをコピーしました